どうやって探そう、精神科・心療内科!

まずは総合病院で検査を受け、その後紹介をしてもらう

「まさか自分がうつ病になるなんて!」と、自分は絶対うつ病にならないと思っていても、ちょっとしたきっかけで心のバランスを崩してしまうことがあります。もし、うつ病になってしまったら慌てないで!まずは大きな総合病院にかかります。うつ病というのは様々な問題が蓄積され、絡み合って発症する、誰でもかかりうる心の病です。はじめに総合病院にかかることをすすめる理由は、検査を受けて病気の状況を把握することです。総合病院の精神科や心療内科の医師は、毎日多くの患者を診ているので、検査をすれば患者がどういった状況にあるのかを把握できます。そのうえで、通院しやすいクリニック、もしくは病気に特化したクリニックを紹介してもらいます。

カウンセリング治療は医師との相性が大切

うつ病治療でとても大切なことは、投薬とカウンセリングです。特に、過去のトラウマを抱えている場合にはまずはそのトラウマを癒すためのカウンセリングが必要になります。ただ、カウンセリング治療は医師との相性がとても大切です。カウンセリングを続けるうちに医師に心の内を話すことができたり、信頼関係を築く事ができれば、その治療は上手く言っている証拠です。他方で、医師との意思疎通が上手くできなかったり、相性があまり良くないなと感じたときには、正直に伝えれば別の病院を勧めてくれます。うつ病におけるカウンセリング治療は、医師と二人三脚で治療を進めていくことが無いよりも大切です。もし合わない場合は、転院を考えましょう。

© Copyright Suddenly Get Depressed. All Rights Reserved.