医師には思うがままの気持ちを吐き出そう

まずはうつ病の治療法について知ろう

うつ病には様々な原因があり、その為、治療法も多岐にわたります。主な治療法には休養、薬物治療、精神療法があります。まず休養についてですが、これは文字通り良く休むこと。特に良質の睡眠をとるべきとされています。うつ病にかかっている方は、睡眠障害を併発しているケースが多く、眠る事自体が難しいです。この場合は、睡眠導入剤を使用します。次に薬物治療についてですが、これは抗うつ薬の処方になります。うつ病は以前考えられていたような心だけの病気ではなく、脳の神経伝達物質のバランスが崩れてしまっている事が原因ですので、そのバランスを投薬によって改善するのが目的です。

最後に精神療法ですが、これは医師や専門のカウンセラーとの対話によって治療を行う物です。うつ病の原因となっているつらい出来事やトラウマとの対処方法を探ります。

精神療法はお医者さんとの信頼関係が大事

精神療法はうつ病の原因と対峙する事になりますが、医師との信頼関係が構築されていないと、患者側が心につかえている物を吐き出すことが出来ず、十分な治療を行う事が難しい場合があります。患者からすれば辛い記憶を他人に話す訳ですから、信頼が無くては無理な話なのです。しかし、それではいつまで経っても良くなりませんから、専門家と協力して治すのだ、という心構えを患者側が持つ事が重要です。うつ病は治療が難しい病気で、軽度であれば休養や薬物治療だけで寛解する場合もあります。しかし、休養をとって抗うつ薬で改善しても、患者の頭の中でネガティブな記憶が繰り返されるような状況だと、病状はむしろ悪化して行ってしまうのです。

© Copyright Suddenly Get Depressed. All Rights Reserved.