大丈夫、必ず良くなります!

うつ病には様々な治療法があります

うつ病の原因は主に、外因性、内因性、心因性の3つに分類されます。
外因性は、体の病気や体質、薬の影響などでうつ状態を引き起こすものです。内因性は、典型的なうつと言われるもの。例えば失恋や失業、親しい人を亡くしたなど、なんらかの急激なストレスにより、セロトニンなどの脳内神経物質の働きが悪くなるものです。これらは、抗うつ剤など、薬物による治療が行われます。
そして性格や環境が強く影響し、うつ状態になる場合は、心因性に当てはまります。例えば、仕事でパワハラを受けた、過労である、生真面目な性格であるなど。心因性のうつ病は、カウンセリングなど精神療法が効果的です。
その他、漢方薬でうつ病を改善する方法があります。

最新のうつ病治療は磁気!

うつ病の治療方法は、即効性や確実性のあるものは存在しません。しかし、次々と治療法も開発されています。
最新の治療法は「TMS(経頭蓋磁気刺激治療法)」があります。患者の頭部に40分ほど磁気を照射し、脳血流を活性化させることにより、低下した機能を戻しうつ病を改善します。副作用もなく、数回の治療で効果があります。入院の必要もありませんし、薬物療法に比べて安全性が高いため、注目されています。
しかし、治療を受けられる場所が限られており、費用が高いことがネックになっています。簡単には受けられないかも知れませんが、新しい治療法が登場することは希望になりますよね。
いずれにしても、うつ病の治療経過は、人それぞれです。症状も多彩で、心だけではなく体にも症状がでる場合もあります。医師に相談し、焦らず取り組むことが大切です。

© Copyright Suddenly Get Depressed. All Rights Reserved.